アジ達

インドを中心にアジアの旅行情報を発信

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、2020年7月現在インドへの入国が禁止されています。最新情報は外務省HPをご確認ください。

バラナシ

ガンジス川だけじゃない!バラナシの観光スポット6選

投稿日:2019年9月19日 更新日:

ガンジス川

ガンジス川だけじゃない!バラナシの観光スポット6選

インドの中で最も日本人が憧れる場所がバラナシです。その尊さと神秘さはどこの場所も比較することができません。そして、何百年たっても変わらないヒンズー教の聖地であるバラナシ。ここへ来る日本人の多くが死と生、生きるとは何か、そして混沌とする町や人々との触れ合いは多くの事を考えさせられます。

著者の経験上、バラナシは観光する前に本を読んだりヒンズー教について少し触れて訪れることをおすすめします。バラナシはヒンズー教の聖地であり、聖地たるが所以に起こる事があるのでそれを下調べしてその地を訪れるとより一層忘れられない場所になるからです。

バラナシ、又はヴァーラーナシーと呼ばれる所以はヴァルナ川とアッシー川のふもと、という意味です。ウッタルプラデッシュ州にあり人口は約120万人といわれています。(2015年現在)今回はヒンズー教や仏教にゆかりのある場所やガンジス川沿いにある私のおすすめをご紹介します。

バラナシ観光に必要な日数

バラナシは、あまり大きい街ではありませんので、1日あれば主要な観光スポットを観てまわることができます。ただし、バラナシでは日の出と日没の時間に楽しんでほしいイベントがありますので、出来れば2日かけてそれらの時間をたっぷり堪能することをおすすめします。

日の出の時間には、ガンジス川でボートに乗り美しい朝日を楽しみ、夕方の時間にはプージャ(アールティ)を楽しむのがおすすめのプランです。1日あればこれらを経験することが出来ますが、バラナシの他の観光スポットをまわることを考慮して、気持ちに余裕を持って楽しみたいのであればぜひ2日間をバラナシで過ごしてください。

スポンサードサーチ

ダシャーシュワメード・ガート (Dasaswamedh Ghat)

View this post on Instagram

Каждый вечер в индийском городе Варанаси брахманы проводят церемонию Aarti- прощание с рекой Ганг. Желают ей спокойной ночи. Взгляд верующих и туристов приковывается к этому обряду. Обряд красивый и его зрители выглядят впечатляюще красиво. А за пределами церемонии творится хаос. Хаос в понимании человека, любящего чистоту. Коровам и плешивым собачкам не запрещено шастать и гадить, где они сами пожелают. Страшные, с физическими уродствами люди, просят подаяния. Продавцы всевозможных товаров следуют за тобой, пока не покажешь им, что у тебя даже карманов нет. Горят погребальные костры. Страшно, да? Ну это же чужая страна, многовековые традиции. Традиции были красивыми и есть красивыми. Но не все же понимают, что такое гигиена(. Ко мне подошла обаятельная женщина, одетая в шёлковое сари с красиво собранным веночком из цветов. Назвала очень маленькую цену за этот веночек, сказав, что будет тебе счастье, если опустишь его в Ганг. Мы с ней подошли к реке, она зажгла свечку внутри этого веночка, я опустила его в воду. И мой веночек ушёл по течению , в поисках моего счастья. #индия # #варанаси #varanasi #india #puja #pujari #ganges #брахманы #индуизм #ритуал #люди #лица #мужчины #nikonshots #nikonphotography #yourshotphotographer #faces #people #ukrainiantravelers #dasaswamedhghat #ritual #aarti #arti #arathi #aroundtheworld #travel #people_of_the_world #hinduism #streetphotography #путешествия #travel

A post shared by Mariia Fomenko (@mashfomenko) on

ダシャーシュワメード・ガートの基本情報

営業時間・定休日年中無休
プージャ(アールティ):
冬季は17:00~2時間程度
夏季は18:15 ~2時間程度
アクセスバラナシ・カント駅から車で30分、その後徒歩で10分
入場料金無料
所用時間1~2時間

ダシャーシュワメード・ガートのおすすめポイントと注意点

ガンジス川の川沿いには80個ものガートと呼ばれる沐浴場があります。このガートで最も賑わいをみせるのがここダシャーシュワメード・ガート です。毎日夜になるとアールティと呼ばれるヒンズー教のお祈りが行われます。

ヒンズー教のプージャ(アールティ)というお祈りの儀式ですが、観光客目当てにショーのようになっています。くれぐれもスリや痴漢などには注意してください。地方からたくさんのインド人観光客も訪れますので、女性はあまり一人でいかずにガイドさんや、複数名で行くことをおすすめします。

ダメーク・ストゥーパ(Dhamek Stupa)

ダメーク・ストゥーパ
ダメーク・ストゥーパ

ダメーク・ストゥーパの基本情報

営業時間・定休日日の出から日の入りまで
アクセスダシャーシュワメード・ガートから車で40分
入場料金100ルピー  (サルナート入場料)
所用時間1~2時間

ダメーク・ストゥーパのおすすめポイントと注意点

ダシャーシュワメード・ガートから車で40分ほどのサルナートと呼ばれる場所にダメーク・ストゥーパがあります。ストゥーパは卒塔婆という日本語の語源で、仏塔の事です。

日本ではお釈迦様と呼ばれる仏教の祖は、インドから中国を経由してきました。ブッダは人間であり、初めて説法を説いた場所がこのダメーク・ストゥーパだと言われています。

インドではイスラム教、キリスト教など外国の宗教侵略が行われていますが、それらを寛容したアショーカ王はインド仏教をたたえるために、ブッダが説いた場所にこのストゥーパを建てました。今でも日本のお坊さんが一度は訪れてみたい場所として存在しています。

スポンサードサーチ

マニカルニカーガート(Manikarnika Ghat)

マニカルニカーガート
マニカルニカーガート

マニカルニカーガートの基本情報

営業時間・定休日年中無休
アクセスダシャーシュワメード・ガートから車で20分
川沿いを歩いて15分
入場料金無料
所用時間1時間

マニカルニカーガートのおすすめポイントと注意点

ヒンズー教にはお墓がありません。ヒンズー教徒が死ぬ時は火葬されますが、バラナシにあるこのマニカルニカーガートで荼毘に付すのが、最も神聖な亡くなり方だと言われています。燃やされた遺体の灰をガンジス川に流します。ここでは死を迎える人のための建物が存在します。

高台に展望台があり、上から火葬場と川を眺める場所があります。ここで櫓の上に横たわったきれいな布に包まれた死体は火に包まれて煙を揚げて燃えていきます。この火は24時間絶えることがありません。バラナシでこの火見ると「人生とは何なのか」「人間とは何なのか」などを想いふける方も多いそうです。

BHU ビシュワナート寺院(BHU Shri Vishwanath Mandir)

BHU ビシュワナート寺院の基本情報

営業時間・定休日9:00~17:00
定休日なし
アクセスダシャーシュワメード・ガートから車で40分
入場料金無料
※ただし靴を預ける場合、料金を求められる事があります
所用時間1時間

BHU ビシュワナート寺院のおすすめポイントと注意点

BHU ビシュワナート寺院はバラナシヒンドゥー大学の敷地内にある寺院です。ガンジス川にほど近いこの寺院は、別名でニュービシュワナート寺院とも呼ばれています。

この寺院があるバラナシヒンドゥー大学は、歴史的にも非常に古くこの寺院以外にも博物館などがあります。敷地内は広いので、ガイドさんと行くことをおすすめします。歴史も知る事ができるので、ホテルやツアー会社で予約してウッタルプラデシュ州公認のガイドさんと一緒に行くと良いでしょう。

スポンサードサーチ

ゴールデンテンプル(Kashi Vishwanath Temple)

ゴールデンテンプルの基本情報

営業時間・定休日年中無休
11:30~19:00
アクセスダシャーシュワメード・ガートから徒歩5分
入場料金無料
※ただし靴を預ける場合、料金を求められる事があります
所用時間30分

ゴールデンテンプルのおすすめポイントと注意点

バラナシのゴールデンテンプルと言えばここです。歩くのがやっとな狭い道に所せましと人や牛がいます。ガイドさんの誘導でお参りする事ができます。いつでも中にはたくさんの人がいます。特にダルシャンやプジャというお参りの時間には混雑します。

カメラ、携帯、貴重品は持ち歩かずに安全なところに預けて参拝してください。靴を脱いで参拝しますが、近くのダルシャン(お供え)売りで靴は預かってくれます。まるでイベント会場にきたかのように押し合いながら寺院の中に入りますので、心してお参りしましょう。

ガンパティゲストハウス(Ganpati Guest House)

ガンパティゲストハウスの基本情報

営業時間・定休日年中無休
チェックインは14:00~
チェックアウトは12:00~
アクセスダシャーシュワメード・ガートから徒歩10分
入場料金宿泊は2,000ルピー/泊~
所用時間1時間~

ガンパティゲストハウスのおすすめポイントと注意点

ここはバラナシのオススメスポットすべてにアクセスがよく、ガンジス川を一望できるゲストハウスです。宿泊者じゃなくても、 屋上でカフェや食事を楽しめます。ベジタリアンメニューのみですが、パンケーキやフルーツサラダなどインド料理に疲れた際にほっと一息つくことができます。

オーナーはスペインに在住のためヨーロッパ人が多く滞在しています。スタッフは英語、スペイン語が通じます。バラナシはあまり治安が良くないですが、ここは非常に安全なホテルです。

お部屋からガンジス川を眺める事ができます。繁忙期は常に満室なので予約とは必須です。また、場所もがわかりにくいので送迎もお願いすることをおすすめします。

スポンサードサーチ

まとめ

バラナシで時間を決めて忙しくまわるほど、もったいない事はありません。ゆったりと川を眺め、人を眺め、自分に目を向ける、そんな時間をあえて作ってみてください。

バラナシは年々整備され、観光地にふさわしい場所になりつつありますが未だに観光客を狙った犯罪もありますので、楽しみながら安全にも気を付けましょう。

また、バラナシに行った際に1度はガンジス川の向こうから登ってくる朝日を拝むことをおすすめします。

▼バラナシのホテルを探すならこちら

Expediaでバラナシのホテルを探す

Hotels.comでバラナシのホテルを探す

▼バラナシ行きの航空券を探すならこちら

skyticketでバラナシ行きの航空券を探す

イーツアーでバラナシ行きの航空券を探す

同じタグの記事を見る

-バラナシ
-

執筆者:

関連記事

バラナシ

デリーからバラナシの移動は飛行機がおすすめ!移動方法3つを紹介

目次1 デリーからバラナシの移動は飛行機がおすすめ!移動方法3つを紹介2 デリーからバラナシへ飛行機で移動する方法 3 デリーからバラナシへ電車で移動する方法4 デリーからバラナシへバスで移動する方法 …

yoga

聖地バラナシにあるヨガ体験ができる教室5選

目次1 聖地バラナシにあるヨガ体験ができる教室5選 2 バラナシにあるヨガ教室2.1 YOGA EDUCATION TRAINING SOCIETY(ヨガ エデュケーショントレーニングソサイアティー) …

ガンジス川

インドのガンジス川に関するウソ・ホント

目次1 インドのガンジス川に関するウソ・ホント2 ガンジス川のある場所3 ガンジス川には火葬場がある4 ガンジス川には死体が流れている5 ガンジス川では船に乗って観光できる6 ガンジス川では怪しい人に …