アジ達

インドを中心にアジアの旅行情報を発信

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、2020年7月現在インドへの入国が禁止されています。最新情報は外務省HPをご確認ください。

ジャイプール

インドのジャイプールでおすすめの観光スポット8選

投稿日:2019年11月21日 更新日:

ジャイプール

インドのジャイプールでおすすめの観光スポット8選

北インドに位置するインドの観光地ジャイプール。人口は305万人でインドの中でも有数の都市であり、「ピンクシティー」とも呼ばれる赤い城壁に囲まれているためインドの歴史的な雰囲気も感じることができます。

さらにジャイプールの主要産業は宝石・貴金属であり、ジャイプール近郊で豊富に取れるため街のいたるところに貴金属屋が立ち並んでいるため、気になる方はぜひ立ち寄ってみてください。今回はそんな魅力あるジャイプールの人気スポット8選を紹介していきたいと思います。

アンベール城

営業時間・定休日8:00~17:30
定休日なし
アクセスジャイプール駅からタクシーで約30分
入場料金城の上の広場までは無料ですが、城内に入場するには別途500ルピーが必要となります
所用時間2時間

アンベール城は古き良きインドを存分に感じられる遺跡です。実際に見ると建物の迫力と雰囲気に圧倒されるでしょう。そのため、料金はかかりますが中に入って隅々まで見学することをおすすめします。また、間違いなくインスタ映えするスポットなので壮大な建造物をバックに写真を取ることをおすすめします。

注意点としては、物売りとガイドをしてやると言って近寄って来る人たちです。観光客が多い場所ですが、日本人は特にこのような人たちに狙われやすいので注意が必要です。

スポンサードサーチ

ジョーハリー・バザール

営業時間・定休日10:00頃~21:00頃まで(店によって異なる)
アクセスジャイプール駅から車で約19分
入場料金なし
所用時間1時間

このバザールでは様々なインドらしいお土産を手に入れることができます。ジャイプールは手工芸品が特産物でもあるため、地元で作られたものがメインで販売されています。

中でもアクセサリーや女性装飾品は人気が高く質も高いため特におすすめです。注意点としては値段交渉をしないとあまり安くないため、言い値の半額くらいから交渉をスタートさせて購入することをおすすめします。日本ではなかなか体験することのできない値段交渉を楽しみましょう。

水の宮殿ジャル・マハル

営業時間・定休日12:00~22:30(季節によって変化あり)
定休日なし
アクセスアンベール城から車で約8分
入場料金なし
所用時間15分

アンベール城から近いためアンベール城の帰りに寄ることをおすすめします。湖の上に建っているため実際に建物の中に入ることはできませんが夕焼けの時間帯に訪れると幻想的な景色が広がり、感動的です。

現地の人の宗教的な儀式が行われていることも多く運がよければ近くで見学することも可能です。しかし乾季の時期に訪れると湖の水位が下がり、「水の宮殿」にならないので訪れる時期には注意が必要です。また、付近には写真売りや物売りも多くいるため、多少の注意が必要です。

スポンサードサーチ

ハワーマハル

営業時間・定休日9:00~17:00
定休日なし
アクセスジョーハリー・バザールから車で約4分
入場料金50ルピー
所用時間1時間

ジャイプール市内のど真ん中に位置するハワーマハルは1700年代に宮廷に住む女性が外を見渡せるようにたくさんの窓が設置されている。当時の女性は自分の姿を見せてはいけなかったため小さな小窓から外を眺めていたそうです。そのため、無数もの小窓はとても美しく、最上階からは美しいジャイプールの景色を見渡すことができます。

注意点としては、建物ないの階段はとても狭く人がすれ違うのがやっとの場所が多々あります。そのため、スリなどの軽犯罪には注意が必要です。

シティパレス

営業時間・定休日9:30~17:30
アクセスハワーマハルから徒歩すぐ
入場料金500ルピー
所用時間2時間

ハワーマハルのすぐ裏手に位置するシティパレスは、1700年代に建設された建物でピンクを基調とした7階建ての建物です。まず、建物内に入ると圧倒的な迫力と装飾品の美しさに圧倒されます。

中庭4種の中には美しい扉があり、観光客に人気の写真スポットです。また建物内には美しいレストランがあり、外国人価格ですがとても衛生的で味も良いためおすすめです。「BARADARI」というレストランなので是非行ってみてください。
注意点としては、撮影禁止の場所も多いため撮影可能かしっかりと確認してから撮影しましょう。

スポンサードサーチ

ジャイガル要塞

View this post on Instagram

day39…the fort against enemies #世界一周 #バックパッカー #1人旅 #海外旅行 #世界一周中 #インド #ジャイプール #ジャイガル要塞 #アンベール城 #城 #goproのある生活 #旅の記録 #worldtraveler #backpacker #goprohero7black #india #jaipur #jaigarhfort #castle 6ヶ国目はインド。 写真はデリー南部の都市ジャイプールにある「ジャイガル要塞」での1枚。 この日はたまたま「国際観光デー」という日で、ジャイプールの観光地の入場料が無料という幸運ぶり。 インド旅行についてよく言われるのが、「インドは好き嫌いがめちゃくちゃはっきり分かれる」ということ。 実際に出会ったのも、「早く日本に帰りたい」って言ってる人と「まだまだ物足りない」と言ってる人の二極端な気がした。 じゃあ自分はどっちなのかと言うと、どっちでもないっていう感じ。二極化のいずれでもないという点ではレアケースなのかもしれない。 バックパッカーの多くは、不衛生さや日本と全く異なる食文化には対応できる場合が多いので、この「インドに合う合わない問題」の本質は「インド人に合う合わない問題」だと思う。 日本人旅行者の間で世界三大ウザい民族と言われているのが、エジプト人とモロッコ人、そしてインド人。エジプトとモロッコは現時点では未訪問なので分からないが、インド人に対する「ウザい」という感情の原因は恐らく彼らの距離の近さ。 タージマハルにてGoProで写真を撮っていれば、すぐに入ってくる。それも付き合いたてカップルかってくらいに密着してくる。自分とのツーショットをどーするわけでもなく、ただ写真を撮りたいだけ。 列車で少し座っていれば、質問責め&自撮り。 客引きも東南アジアに比べたらしつこくて、5分くらいついてくることもある。 こういう距離の詰め方に対しては、インドに限らず日本においても嫌いな人は多い。 最近はそれが周知されて、洋服を物色してても店員はあまり話しかけてこなくなった気がするけど。 個人のパーソナルスペースは民族によってかなり違うと言われていて、人は固有のパーソナルスペースに他人に土足で入られると強いストレスを感じる。 恐らく日本人のパーソナルスペースは一般的に割と広めで、インド人のパーソナルスペースは極端に狭い。 だけど、稀に(というかバックパッカーには割と多いと思うが)日本人なのにパーソナルスペースが異常に狭い人がいる。 この人たちはインド人の距離感にストレスを感じないし、むしろ「フレンドリーで優しい人が多い良い国」という印象を持つ。逆にパーソナルスペースが広い人にとってはストレス続きで、「早く日本に帰りたい」となってしまう。 自分が二極のうちのどっちにも該当しないなって感じたのは、気分によってパーソナルスペースの広さが変わるから。ウザい時はウザいけど、楽しい時は楽しかった。 とにかく帰国後(というか旅中も)、コミュニケーションを取っていく上で大切にしなきゃいけないなって思ったのは、相手のパーソナルスペースがどれくらいの広さなのかを、早い段階で見極めること。 ここをミスると、話してるだけなのに「ストレスを与えてしまう」人になってしまう。 そんなことをインド人を見て思いました。

A post shared by Akito Kashino (@akitabi1021) on

営業時間・定休日9:30~16:45
アクセスピンクシティから車で約20分
アンベール城から歩いて30分ほど
入場料金135ルピー
所用時間1時間

アンベール城の裏手に位置するジャイガル要塞は、アンベール城の山をさらに登っていくと約30分で到着することができます。頂上からは天気が良ければ、「ジャル・マハル」や「アンベール城」を見ることができます。

奥には空中庭園などもあり、枯山の上に楽園があるような感覚に苛まれます。注意点としては、観光案内詐欺があることです。多くの観光ガイドは適正な価格で案内してくれますが、中には観光客ということで法外な価格をふっかけられることもあるので、注意が必要です。

セントラルパーク

営業時間・定休日24時間営業
定休日なし
アクセスピンクシティから車で約20分
入場料金なし
所用時間1時間

セントラルパークは自分がインドに滞在していることを忘れる程、静かで美しい景色が広がっています。インドの良さは騒がしさと常識が通用しない異世界感ですが、長期滞在していると普段慣れない環境に疲れてしまう人もいるかと思いますが、このセントラルパークはそんなインド疲れを癒してくれます。

注意点としては、インド人のフレンドリーさが仇となりせっかく癒されに行っても日本人であるとわかり話かけられ始めると一気に人だかりができ質問攻めにされてしまいます。インドの楽しさでもありますが、癒されに行く人は少し注意が必要です。

スポンサードサーチ

ハンディレストラン

営業時間・定休日12:00~15:30
18:00~23:00
アクセスピンクシティから車で約4分
入場料金なし
所用時間1時間

本格的なインド料理が楽しめるお店です。ラッシーやカレーといった定番の料理から伝統料理まで様々な種類の料理が楽しめます。カレーは少し辛いですが、お店の人が随時辛さを調整してくれるため最後まで美味しくいただくことができます。このように接客の質、味共にかなり満足なお店でした。

ランチ営業もしているのですが、夜はバーとしても営業しています。インドは宗教上の理由からお酒を飲める場所は多くないのですが、このレストランは飲めるためお酒が飲みたくなったら行くことをおすすめします。注意点としては、価格が外国人価格なため少し高めなところです。

まとめ

今回は、ジャイプールの観光スポット8選を見てきましたが遺跡など歴史を感じられるスポットやインドグルメを紹介してきましたが、ジャイプールは歴史ある街なため遺跡などが中心になるのですが実際に見るとその迫力やパワーに圧倒されます。

近年デリーなどは近代化が急速に進み古き良きインドの良さが失われつつありますがジャイプールは未だ多くの街並みや古き良きインドが手付かずのままです。そのため昔ながらのインドを存分に感じたいという人には大変おすすめの街です。

▼ジャイプールのホテルを探すならこちら

Expediaでジャイプールのホテルを探す

Hotels.comでジャイプールのホテルを探す

▼ジャイプール行きの航空券を探すならこちら

skyticketでジャイプール行きの航空券を探す

イーツアーでジャイプール行きの航空券を探す

同じタグの記事を見る

-ジャイプール
-

執筆者:

関連記事

ジャイプール

デリーからジャイプールへ移動する方法4選 飛行機での行き方もご紹介

目次1 デリーからジャイプールへ移動する方法4選 飛行機での行き方もご紹介2 デリーからジャイプールへ飛行機で移動する方法 3 デリーからジャイプールへ電車で移動する方法4 デリーからジャイプールへ車 …